SDGs支援事業引渡式~フィリピンPINEDA小学校~

■フィリピンにて引渡式に参加

フィリピン、パシグ市にあるPINEDA小学校から
2019年10月に行った支援事業の
引渡式の開催に招待されたため
2019年11月14日に参加してまいりました。

■SDGs支援事業実施場所

フィリピンPINEDA ELEMENTARY SCHOOL

住所:Banaag, Pasig, 1600 Metro Manila, Philippines
特徴:6階建て校舎
生徒数:約1,900名
特徴:公共小学校、低所得層家庭の子供が通学

■支援事業おさらい

フィリピン共和国、マニラパシグ市の小学校に
持続可能な【水と衛生教育】に特化した支援事業を
2019年9月後半~10月前半に実施致しました。
PINEDA小学校は飲料水を全て購入している
状況でトイレ衛生環境は最低でした。

■驚きの変化

視察時学校内に入った瞬間
悪臭が全フロアに立ち込めておりましたが
今回の引渡式での際は
衛生環境保持の掃除が徹底されており
校内どこにいても全く臭いがありませんでした。

※引渡式の際、トイレを掃除する学校職員

※衛生教育後汚物がトイレ内からなくなった

■熱烈な歓迎

支援事業のセレモニーに参加する為
学校に入ると学校内の生徒が全てエスコート
してくれました。

また我々が着席するまでアテンドしてくれ
目の前には生徒・学校関係者はもちろんのこと
親御様も参加されており
本事業への注目度を感じる事が出来ました。


※子供たちにかこまれる国境なき奉仕団員

■国歌斉唱交換

本事業で最も心に残った風景です。

様々なイベント・事業に
これまで参加してまいりましたが
我々の為に日本国歌が流れたことは
生まれて初めての体験でした。

この光景を見た瞬間が事業を苦労して行って
本当に良かったと心から感じた瞬間です。

■生徒たちの歓迎の踊り


※フィリピン伝統の踊り

※幼稚園児クラスも披露してくれました

■引渡式

日本からの友好のしるしとして
寄贈ボードも弊社にて作成し
渡してまいりました。

■感謝状

本支援事業には多数の団体が協力し合って
実現した事業でしたが、
学校側からのサプライズとして
株式会社杉半代表個人あてに感謝状を賜りました。


※株式会社杉半 代表取締役 杉山

※感謝状の実物

■事業内容最終視察風景

一通りのセレモニーを終え
事業の最終視察を致しました。


※英⇔日 説明をする、代表取締役杉山


※セレモニー参加者と

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA