浴室乾燥機の比較【ガスVS電気】。機能、メリット・デメリット解説

毎日利用する「お風呂」だからより便利に快適に。
日本人の大半が毎日入るお風呂を
少しでも快適にする商品を解説していきます。

①浴室乾燥機とは


※インターネットより引用

主な使い方として挙げられるのが

・衣服の乾燥機
・使用後のお風呂場の乾燥

大きく分けて2点。
しかしこの浴室乾燥機意外な利用方法もあるのです。
それは乾燥ボタンを入浴前に入れておき
簡易暖房として使う事です。
暖房機能は、浴室暖房にはかないませんが
ヒートショック対策には十分ではないでしょうか。
便利な機能が色々ある浴室暖房器の具体的な
機能等を解説します。

②ガス浴室乾燥機VS電気浴室乾燥機

■電気

・電気浴室乾燥機

<電気代予想>

1回あたり電気代(3時間)=約102円

1ヶ月予想電気代(約102円×30日)=約3,060円

年間予想電気代(3,060円×12ヶ月)=約36,720円

※1Kh24円で計算

・洗濯乾燥機

ドラム式/ヒートポンプ式/浴室乾燥機

1回の乾燥にかかる電気代 48.92円 14.31円 102円
ひと月あたりの電気代 1,467.6円 429.3円 3,060円
年間あたりの電気代 17,856円 5,223円 36,720円

※1Kh24円で計算

実は高いイメージのある濯乾燥機より
電気浴室乾燥機の方が、電気代がかかります。
実は電気浴室乾燥機は、洗濯乾燥機の6倍以上
かかることが分かります。

×デメリット

・電気代がかさむ
・工事が必要

 

■ガス浴室乾燥機

<ガス代予想>

1回あたりガス代(60分)=約70円
1ヶ月予想電気代(約70円×30日)=約2,100円
年間予想電気代(2,100円×12ヶ月)=約25,200円
※都市ガスで計算

実に1万円以上節約できることになります。
ガスの特徴は「何といっても火力が強い」
これが時短につながり、最後にはガス代が
節約につながる事になります。

○メリット
・ガスの力で時短=節約

×デメリット
・工事が必要

③天井埋め込み式と壁掛式の違い

※天井埋め込み式

※壁掛式

※インターネットより引用

浴室乾燥機には浴室の天井に埋み式と
エアコンのような壁掛式の2種類あります。
機能に差はなく、見かけだけの違いです。

しかし大きく変わるのは工事代です。
ご覧の通り、壁掛式のほうが割安になります。
天井埋め込み式は
【天井に埋め込める空間があるか】
ここが大きなポイントになります。

取替では比較的簡単に工事出来ますが、
仮に現在天井埋め込み式を使っていない場合
工事費は高くつくかも知れません。

天井埋め込み式→新築時
壁掛式→取替・新規

大雑把にこう考えると分かりやすいと思います。
ランニングコストではガスに軍配が上がりそうです。

④まとめ

一言浴室乾燥機と言っても様々な種類が存在します。
電気なのか?ガスなのか?
現在の生活スタイルに合わせて御検討してみてください。
また冒頭でもお話ししましたヒートショック

この事故で亡くなられる方は年間
約2万人と言われています。
特に寒冷地方では、浴室乾燥機・暖房器の効果は
絶大なものがあると思います。

 

関連記事:

ガス式浴室暖房器の使用効果について。メリット・デメリット

あとがき

杉半では各ガス機器取り扱いがあります。
取扱は各社カタログ記載商品全てです。

ご用命の際は、弊社ホームページ、お電話にてご注文下さい。

<取扱メーカー>

ガス:リンナイ/パロマ/ノーリツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA