比マニラでの外国人が会社設立するための方法

8月フィリピンのマニラに出張に行ってまいりました。
経済成長著しいフィリピンですが、
向こうで会社を登記するためにはどのような流れなのでしょうか?

①フィリピンのどこで登記するか?

Ⅰ.メトロマニラ
Ⅱ.クラーク(経済特区)
Ⅲ.スービック(経済特区)

大きく分けてこの三か所で登記される企業が
多いと感じます。

②各都市の特徴

■メトロマニラ

※インターネットより画像引用

アジアで第5位の都市。
経済など全ての中心地であり
2010年の調べではマニラに人口が集中しており
比全体の人口の50%が集まっていると言われることもある。
※諸説あります

金融・ゲーミング・不動産など
各分野の企業が進出しており
成長が期待されるエリア。

■クラーク

※インターネットより画像引用

経済特区クラーク。
アメリカより返還後、経済特別地区となった。
税制が優遇される場合があり
日本企業の世界の「ヨコハマタイヤ」が進出している。
治安も比較的安定しており
ゴルフ場・ホテルなどリゾート地の側面も持つ。

■スービック

※インターネットより画像引用

経済特区スービック。
アメリカ軍の拠点もある。
ここは所謂TAX HEAVENと呼ばれる。

これは海外からスービックに部品を持ち込み
更に海外に輸出すると、その分の税金がかからず
輸出できるなど製造業に大きなメリットがあると言える。
マニラに比べ、自己資本の保有率も高く持つことができる。

③優遇内容


※インターネットより引用

④会社登記

■パターン1
2,000万円以上ねん出する必要があります。
この資金をねん出すると、100%自己資本として
フィリピンで会社を経営する事が出来ます。

■パターン2
現地のローカルを社長(オーナー)にし
外国人は25%の権利を持つ経営。

この場合5,000ペソを用意すれば
会社登記する事ができます。
※日本円で約11,000円

しかし
・25%の保有しかできない
・パートナーからの裏切り
・現地スタッフの雇用義務
・信頼できるスタッフの確保

など弊害も生じます。

会社登記は慎重に現地の調査をすることをお勧めします。

■あとがき

杉半では各ガス機器取り扱いがあります。
取扱は下記各社カタログ記載商品全てです。

ご用命の際は、弊社ホームページ、お電話にてご注文下さい。

<取扱メーカー>

ガス:リンナイ/パロマ/ノーリツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA