湯沸し器ってどいうもの?メリットとデメリット、工事について

給湯と聞けば現在の主流は
「給湯器」ですが、まだまだ現役で
多くの使用者が愛用する「瞬間湯沸し器」。
これは一体どんなものなのか解説していきます。

①給湯器おさらい

■瞬間湯沸し器


※リンナイより引用

瞬間湯沸し器とは一般的に台所に設置し、
スイッチのオン/オフで
お湯を作り出す機器のことを言います。

■給湯器

※インターネットより引用

これに対し給湯器にはオン/オフスイッチがなく
お湯の水栓をひねると自動的に給湯器が作動、
自動で設定温度のお湯を作り出します。

■バランス釜

お風呂に隣接設置し、お湯を給湯する機械。

外の空気吸気し燃焼、

排気を外へ排出する給湯器の種類。

 

ですがこの瞬間湯沸し器
2種類あるのご存知でしたか?

②瞬間湯沸し器とは

前章で、湯沸し器とは台所に取り付けて
スイッチのオン/オフでお湯を作り出す
給湯器の種類だと説明しました。
しかし実は「湯沸し器」には
2種類のタイプが存在するのです。

・元止め式

※リンナイ製品引用

湯沸し器についたホースからお湯を使用するタイプ。
湯沸し器で作ったお湯を、湯沸し器がもとで
お湯が使えるので「元止め式」と覚えてください。

使用方法は、本体付属のボタンのオン/オフ。
水栓をひねり水をだしながら
湯沸し器のホースからお湯を使用します。

特徴:

飲食店など、給湯器から離れた場所で
お湯を使用する際に使われることが多いです。

◇安全機能

 

 

○メリット

・給湯器から離れていても使える

×デメリット

・熱効率が悪く、ガス代がかかる

・先止め式

湯沸し器で作ったお湯を
蛇口から使用します。
本体でお湯を出したり、止めたりするのではなく
蛇口でお湯を管理します。
つまり給湯器の先で、出湯・止湯を
管理するため「先止め式」と覚えてください。

「元止め式」との違いは、
ホースの先でお湯を使用するか
蛇口から使用するかということ。
「先止め式」の場合、
本体のスイッチをオンにしスタンバイ状態にします
その後水栓をひねると蛇口から供給された
お湯を使用します。

特徴:

小型の、スイッチのオン/オフがある
給湯器と考えると分かりやすいかもしれません。

◇安全機能

 

○メリット

・給湯器から離れていても使える

×デメリット

・熱効率が悪く、ガス代がかかる

・図解


※インターネットより引用

③湯沸し器の工事について

国家資格が必要な工事で
無資格者は行なってはいけません。
湯沸し器へガスを供給する管は
有資格者・会社でないと購入できませんので
工事の際は、お使いのガス会社・量販店・業者など
プロに依頼されることをお勧め致します。

無資格者が行なうとガス漏れ等の原因となります。
湯沸し器の工事は10,000円~15,000円が
素取替えの目安です。
またコンロの直上設置は原則できません。

※インターネットより引用

④まとめ

使い勝手の良い湯沸し器。
状況に合わせて、取扱い方法を守って
使用しましょう。

また湯沸し器は屋内での給排気を
行ないます。
ご使用時は、こまめな換気
心がけてください。

関連記事:

ガス器具でよく見る、エコジョーズって何?何が得になるの?

あとがき

杉半では各ガス機器取り扱いがあります。
取扱は各社カタログ記載商品全てです。

ご用命の際は、弊社ホームページ、お電話にてご注文下さい。

<取扱メーカー>

ガス:リンナイ/パロマ/ノーリツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA