ガス乾燥機を使うメリット・デメリット。必要ランニングコスト

これから夏に向かい開放的になる季節。
しかし今の季節と夏の間には、
いやな時期「梅雨」があります。
雨ばかりでも快適な
「洗濯ライフ」を送りましょう。

①電気乾燥機とガス乾燥機の違い

コインランドリーやクリーニングに出すと
乾燥には必ずと言っていいほど
ガス衣類乾燥機が使用されます。
では電気乾燥機とガス乾燥機の違いは何なのか?
比較していきたいと思います。

■電気乾燥機

※インターネットより引用

本体価格:39,800円~200,000円
乾燥まで時間:約3時間
電気代:約100円

<詳細>
電気乾燥機に衣類を
限界まで積み込むと
乾くまでに約3時間かかる。

この条件の消費電力は約70円
1時間当たり23.3円かかる。

■ガス乾燥機

※インターネットより引用

:条件都市ガス使用時
本体価格:50,000円~200,000円
乾燥まで時間:約50分
電気代:約35円

<詳細>
ガス乾燥機に衣類を
限界まで積み込んでも
乾くまでに約50分で完了。

時短の為、生乾きでセットすると
乾燥まで行ない、なんと1回約15円
済んでしまいます。

<特徴>
ガスを熱源として利用するため
電気が熱源の乾燥機に比べ
充分な熱量が得られ、素早く、
ふっくらと乾燥させることが出来ます。

コインランドリーの大乾燥機は
ほとんどがガス衣類乾燥機を使用しています。
この点から考えても乾燥機は
ガスを利用する方が得だと言えます。

③実際に比較してみた

ガス乾燥機の代表を
リンナイ「乾太君」
電気乾燥機は平均値を比較対象とし
比べてみました。


※インターネットより引用

■乾太君
乾燥スピード:約52分
ガス代:35円

■電気乾燥機
乾燥スピード:約169分(機種により異なります)
光熱費:70円

<感想>
その差は明らかでした。
個人的感想ですが仕上がりの
「ふっくらした感じ」「におい」

※インターネットより引用

ガスに軍配が上がると思います。

※大阪ガスHPより引用

上記画像から分かるよう
乾燥には熱量の違いが最も大事なのです。

④電気乾燥機とガス乾燥機のLPの場合

こちらの場合はどうなるのでしょうか?
都市ガスに比べ、プロパンガスの使用料は
1.5倍~2倍になることがあると言われています。

しかし乾燥機の場合、
都市ガスの使用金額を
単純に2倍にしても
結果は70円で収まります。

電気乾燥機を使おうが
LPガス乾燥機を使おうが
同じ値段。

だとしたら乾燥時間が早く、
よりふっくら仕上げられる
ガス乾燥機の方がいいとは思いませんか?

④まとめ

電気メーカーの利点は、
本当に多くの会社が良い商品を
発表している点にあると思います。

しかしガス機器メーカーも
大手3社が企業努力の末
素晴らしい乾燥機を開発し
販売しております。

今回はリンナイの「乾太君」を
例にとりましたが
他の会社製品も是非ご確認下さい。

ガス乾燥機を使うと
ない生活に戻れません。

この便利さを是非体感してください。

あとがき

杉半では各ガス機器取り扱いがあります。
取扱は各社カタログ記載商品全てです。

ご用命の際は、弊社ホームページ、お電話にてご注文下さい。

<取扱メーカー>

ガス:リンナイ/パロマ/ノーリツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA